ダイヤをリフォームしてもらうときは業者選びが大切

古くなったジュエリーをまた使えるようにしたい

ダイヤモンド

リフォームとは

思い入れはあるけど少しデザインが古くなって付ける回数が減ってしまったジュエリーを有効活用できるジュエリーのリフォームサービスについて紹介しています。デザインを流行のものにしたり、アイテムごと変更したりと色々な活用方法がありますよ。

READ MORE

新着情報

使わなくなったジュエリーの有効活用方法

no.1

買取ってもらう

自宅に眠っているジュエリーの有効活用方法第一位は「買取ってもらう」です。もうほとんど使わなくなってしまったジュエリーを閉まっておくのはとてももったいないので、ジュエリーの買取専門店やリサイクルショップなどに買取ってもらいましょう。必要ないものの処分もできるうえに、思わぬ収入を得ることが出来て一石二鳥ですよ。

no.2

自分で売る

自分で売るのも有効活用方法の一つです。オークションやフリマアプリなどを利用すれば簡単に出品することができます。オークションやフリマアプリを利用した場合、確実に売れるかどうかわからないといったデメリットがありますが、業者に買取ってもらうよりも高く売れる可能性もあります。手間はかかりますが、挑戦してみる価値はありますよ。

no.3

同じアイテムとしてリフォームする

次にランクインしたのが同じアイテムとしてリフォームする方法です。例えばリングはリングとして、ネックレスはネックレスとして、アイテムとしてはそのままに、デザインだけを変えてしまうリフォームするわけです。好みのデザインにしたり、流行のデザインにしたりするのが人気となっています。

no.4

違うアイテムとしてリフォームする

全く違うアイテムにリフォームしてしまうのも人気の有効活用方法です。ジュエリーの宝石の部分だけをそのまま有効活用し、リングをネックレスにしたり、ピアスにしたりします。また、宝石をカットするなど宝石部分にも手を加えるようなリフォーム方法も人気です。

no.5

誰かにあげる

最後にランクインしたのが誰かにプレゼントするといった活用方法です。使わなくなったジュエリーを喜んで使ってくれる人がいるのであれば、売却やリフォームをするのではなくプレゼントするのもアリではないでしょうか。

業者はどう選ぶ?

もう使わなくなってしまったジュエリーの有効活用方法をランキング形式で紹介してきました。今回紹介した活用方法の中で最近話題になってきているのがリフォームをする方法です。ジュエリーのリフォームは専門の業者に依頼するのですが、依頼する業者はどのようにして選べば良いのでしょうか。

[PR]

ダイヤのリフォームなら専門業者にお任せ!
経験豊富なスタッフが親身に対応してくれる!

業者の選び方

指輪

カウンセリングが徹底されている

ダイヤなどを使用したジュエリーのリフォームはカウンセリングを行うことから始まりますが、このカウンセリングが一番重要です。このカウンセリングでは、どういったジュエリーにしたいか、どういったデザインにしたいかということを話し合っていくわけですが、ここをでお互いの認識をしっかりとすり合わせておかないと希望とは全く異なる形でリフォームされてしまうことも珍しくありません。それほどカウンセリングは重要なのです。なので、カウンセリングを徹底して行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。あなたの希望をしっかりと聞いてくれることはもちろんですが、予算内でできることやできないことなど、デメリットやネガティブな面もしっかりと伝えてくれ、カウンセリングの段階から最大限努力してくれる業者を選ぶようにしましょう。

料金を明確に示してくれるかどうか

悪徳な業者にジュエリーのリフォームを依頼すると、最初に聞いていた料金よりもかなり高い料金を請求されたということは珍しくありません。そういったトラブルを無くすためにもリフォームにかかる料金をしっかりと提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。良い業者の場合、予算と希望のデザインや仕上がりを伝えればしっかりとリフォームにかかる料金を提示してくれます。

広告募集中